宅地建物取引士「法定講習会」が、新型コロナウイルス感染症の影響で、自宅学習になった話

宅地建物取引士証更新手続きについて、以前記事にしていた通り、福岡市中央区天神のアクロス福岡の大きな会議室で、3月に法定講習を受ける予定でした。

アクロス福岡の国際会議場は、天井が高くて内装や音声などの設備も立派で、何より椅子が、ゆっくり座れます。丸一日かかる講習会なので、座り心地は大事です。(寝るわけではないですけどね)

指定されていたのは3月の日程でしたが、今年は用事が立て込んでいて、5月に変更していました。

ところが、新型コロナウイルス感染症の影響で、5月の法定講習会は、「教材を用いた自宅学習および効果測定(確認テスト)」の実施となりました。

それで、6月に変更しようかとも一瞬考えましたが、6月もどういう状況か分かりません。

天神にもアクロスの椅子にも行けないのはちょっと残念でしたが、世の中こんな事態ですから、仕方ないでしょう。

それに、天神まで行かずに更新ができるなら、時間と交通費がかからず、考えようではラッキーです。

そして、この結構分厚いテキスト4冊が、自宅に送付されてきました。6時間以上学習すること、と指示がありました。

確認テストは、1枚、わりと簡単なものでした。

やはり、講習会で講師の説明を受けながら読んだ方が、理解は深まると思います。

近年留意すべき事例だとか、改正された内容だとか、税理士の先生、弁護士の先生などが要点を分かりやすく話してくれますから。

 

さて、それでも一応自分なりに学習し、確認テストもして、古い宅地建物取引士証と一緒に期日前に郵送しました。

そして後日、新しい宅地建物取引士証が届きました!!!

(通常ですと、会場で手渡しなんですけどね。)

それにしても、5年前の顔写真と、今回の顔写真を比べると、うーん、もうちょっとどうにかねぇ・・・まぁ、まぁ。

 

ということで、宅地建物取引士として、気持ちも新たに業務に励む所存でございます。

引き続き、よろしくお願いいたします。

 

久留米市 不動産 賃貸・売買

久留米市で、土地・建物・アパート等の賃貸・売買仲介をしています。

賃貸管理、事業テナントも扱っております。