不動産業未経験で独立開業した場合の実務

不動産業未経験での実務

業界未経験では難しいのは分かっているが、

経験を積んでいる段階でもない、

でも不動産業で独立開業したいんだという方は、一体どうしたらいいのか?

まずは複業の一つで始めるというのも手ですが、宅建業免許の関係で、専業の取引士が必要ですし、何かと条件はつきます。

数年分の生活費と経費を確保しておく、

あるいはとにかく別の収入源を確保しておく、のもいいですね。

実務の勉強

実は自分も業界経験としては賃貸仲介・賃貸管理がメインで

売買仲介の経験は限定的でした。でも、

売買仲介はぜひやりたいのでどうしたらいいか、

開業してから勉強を続けました。

幸いなことに開業してすぐは、お客さんもいませんので、

勉強する時間はたくさんあります。

例えば、

  • 営業エリアの物件情報を毎日見る。
  • 気になる物件は資料をとりよせ、現地を見に行く。
  • ターゲット顧客層に紹介できそうな物件を集める。
  • 住宅ローンや銀行融資の仕組みを勉強する。
  • 仲介営業のセミナーや勉強会を受講する。

など。

つまり、不動産を探しているというお客様が現れたとき、

すぐに対応できるよう訓練するのです。

賃貸でも売買でも、望むターゲット層をイメージしてみるのも大事ですね。

あなたは誰に、どんな人にどんな物件を?

物件紹介の実務

探している条件に合わせて、物件を紹介するのは、そう難しくはないでしょう。

エリアの物件を見慣れていれば、いくつか提案できるはずです。

あとは会話の中から重要なポイントを見つけてぴったりの物件を探していく、

対話力とひらめきが多少あれば多分、大丈夫。

契約の実務

問題は、お客様に物件を紹介して、気に入ってもらえた時です。

購入したいと言われたら、契約の実務に取り掛からねばなりません。

これは実は物件によって対応が違うので、

一概には言えないんですけども。

久留米市 不動産 賃貸・売買

久留米市で、土地・建物・アパート等の賃貸・売買仲介をしています。

賃貸管理、事業テナントも扱っております。

前の記事

不動産投資のきっかけになる本