宅建業免許更新! 開業・免許取得から5年で、更新手続きをします。

宅地建物取引業者免許証 更新期間

開業するとき、平成28年2月1日付けでもらっていて、

その有効期限は平成33年2月1日まで。

つまり、5年間の有効期間です。

所属している宅建協会久留米支部からはFAXと葉書と電話で

「そろそろ宅建免許更新の手続きしてね」という内容のお知らせが来ました。

親切ですよね、もちろん忘れてはいませんでしたよ。

 

いよいよ、更新です!

 

福岡県知事(1)第18030号

という現在の免許番号が、来年の2月からは

福岡県知事(2)第18030号 となるはずです!

(1)から(2)になるのは、とても嬉しいですね。

よくこれまで続いたものだと我ながら感心しています。

支えて、応援してくださったお客様、皆様のおかげです。

ほんとうにありがとうございます。

免許を更新するには、必要な書類を揃えて、

有効期限満了日の90日前から30日前までの間に、

申請しなくてはなりません。

つまり、今回は11月3日から1月2日の間。

問い合わせたところ、今年の年末は12月28日月曜日までらしいので、

できるなら12月中旬くらいには揃えて、一度確認に持っていきたい。

(窓口で相談すると、書類の不備や訂正を教えてくれるはず。)

 

ということで、ただでさえ慌ただしい年末に向けて、

新たなミッションがひとつ加わったことになりました。

これからその準備をしながら

この記事を書き進めてまいります。

 

宅地建物取引業者免許証 更新の手続き

県庁や宅建協会のホームページから書式をダウンロードすることができます。

免許申請手数料は、33,000円だそうです。

提出は久留米県土事務所へ。

正本・副本二部提出というのは、免許申請のときと同じですね。

 

さて、まずは書式をダウンロードして、どんなものが必要なのか、把握しましょう。

県庁のホームページや、宅建協会のホームページからもダウンロードできます。

 

 

 

免許申請のときとほぼ同じようですが、

 

 

 

 

 

久留米市 不動産 賃貸・売買

久留米市で、土地・建物・アパート等の賃貸・売買仲介をしています。

賃貸管理、事業テナントも扱っております。