宅地建物取引士証有効期限は、5年間。更新手続きが必要です。各種資格の更新手続きを考える。

「宅地建物取引士証」の有効期間は、5年です。

「宅地建物取引士証」の有効期限を更新するには、更新の申請が必要です。

そして、県知事が指定した講習(法定講習)を受講しなければなりません。

 

福岡県の場合、ハトマークの団体と、うさぎマークの団体と、それぞれ実施する講習があり、どちらの団体からも案内が届きます。どちらかで受講すれば問題ありません。

更新時期をうっかり忘れていても、半年以上前から更新手続きの案内書類が届くので、安心です。

 

今回私の場合、今年の8月半ばまで有効ですが、案内が届いたのは1月初めくらいだったでしょうか。

福岡県宅地建物取引業協会に所属していますので、ハトマークの講習を受講するつもりです。

指定された日程で都合が悪ければ、変更を希望できます。

福岡市の会場では毎月2回ずつ実施されているので、変更もしやすいです。

 

法定講習会 受講申込

申込に必要な交付申請書・受講申込書は 案内文書に同封されています。

受講料12,000円と交付申請手数料4,500円 合計16,500円 は振込します。

カラーの証明写真は3枚必要です。

準備ができたら、簡易書留で郵送して、後日、法定講習会の受講票が返送されるのを待ちましょう。

 

各種資格の 更新手続き

このブログ、このところ資格の話題が続いてます。

私の場合、インテリアコーディネーターと宅地建物取引士で、更新5年の期限が同じタイミングになります。

たまたまなんですけどもね。

そして今年登録した賃貸不動産経営管理士も、更新5年なので、5年後の2025年にはトリプルで更新かもしれません。

ひとつひとつは大した金額でも手間でもないんですけど、みっつ重なると、あれあれ?となります。

 

他にも勉強したい資格や、これまでとった資格はありますけど、その数が増えると、登録とか更新など、保有する資格の管理も考えなくてはなりません。

資格マニアに走らず、本当に必要な資格を充分に活かして使うことも、大事かなぁと思うこの頃です。

 

 

 

 

 

久留米市 不動産 賃貸・売買

久留米市で、土地・建物・アパート等の賃貸・売買仲介をしています。

賃貸管理、事業テナントも扱っております。